業績リスト

このページには,学術論文,国際会議,国内会議,学位論文,報告記事,解説記事,受賞,特許,新聞報道,などの業績について発表時期の新しいものから順に掲載しています.

    学術論文

    1. S. Usuki, K. Tamaki, and K. T. Miura, Three-Dimensional Reconstruction by Time-Domain Optical Coherence Tomography Microscope with Improved Measurement Range, International Journal of Automation Technology, Vol.11, No.5 pp.787-794, 2017.

    2. K. T. Miura, S. Suzuki, R.U. Gobithaasan, P. Salvi, and S. Usuki, Log-aesthetic flow governed by heat conduction equations, Computer-Aided Design and Appications, Vol.14, No.2, pp.227-233, 2017.

    3. S. Usuki, M. Uno, and K. T. Miura, Digital Shape Reconstruction of a Micro-Sized Machining Tool Using Light-Field Microscopy, International Journal of Automation Technology, Vol.10, No.2 pp.172-178, 2016.

    4. B. Liu, K. T. Miura, and S. Usuki, Structure Analysis with 2D Quadrilateral Meshes Generated by a Label-Driven Subdivision, International Journal of Automation Technology, Vol.10, No.2 pp.187-194, 2016.

    5. R. Miyachi, S. Usuki, and K. T. Miura, A Digital Grain Generation Method Suitable for Geometric Textures, International Journal of Automation Technology, Vol.10, No.2 pp.209-213, 2016.

    6. S. Usuki, T. Takada and K. T. Miura, Optical Microscopy with Improved Resolution Using Two-beam Interference of Low-coherence Light, Measurement, Volume 78, pp.373-380, 2016.

    7. K. T. Miura, R.U. Gobithaasan, S. Suzuki, S. Usuki, Reformulation of Generalized Log-aesthetic Curves with Bernoulli Equations, Computer-Aided Design and Applications , Volume 13, Issue 2, pages 265-269, 2016.

    8. T. Suzuki, S. Usuki and K. T. Miura, Development of Multi-resolution Microscopy Image Processing System, Journal of Imaging Science and Technology, Vol.59, No.6, pp. 60403-1-60403-11, 2015.

    9. K. T. Miura, R.U. Gobithaasan, S. Usuki, The Polar-aesthetic Curve and Its Applications to Scissors Design, Computer-Aided Design and Applications, Volume 12, Issue 4, pp.431-438, 2014.

    10. Y. Mandachi, S. Usuki and K. T. Miura, Velocity calculation of 2D geometric objects by use of surface interpolation in 3D, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol.8, No.2, pp.1-8, 2014.

    11. 萬立洋次郎, 臼杵 深, 三浦憲二郎, 顕微鏡動画像における合焦位置推定をもちいたマイクロ形状計測, 砥粒加工学会誌, Vol.57, No.11, pp.735-738, 2013.

    12. K. T. Miura, D. Shibuya, R. U. Gobithaasan and S. Usuki, Designing Log-aesthetic Splines with G2 Continuity, Computer-Aided Design and Applications, Vol.10, No.6, pp.1021-1032, 2013.

    13. 三浦憲二郎, 澁谷大, 臼杵深, 蘭豊礼, 玉井博文, 牧野洋, 対数型美的曲線を用いたG2 Hermite内挿法, 精密工学会誌, Vol.79, No.3, pp.260-265, 2013.

    14. S. Usuki, H. Kanaka and K. T. Miura, Generation and Control of 3D Standing Wave Illumination for Wide-Field High-Resolution 3D Microscopic Measurement, International Journal of Precision Engineering and Manufacturing, Vol.14, No.1, pp.55-60, 2013.

    15. S. Usuki and K. T. Miura, Nano-Micro Geometric Modeling Using Microscopic Image, Key Engineering Materials, Vols. 523-524, pp.345-349, 2012.

    16. C.N. Tang, D. Uzuyama, K.T. Miura, S. Usuki and M. Kikuta, A Grain Generation Method for Large Die Data Using the Out-of-Core Method, Computer-Aided Design & Applications, Vol. 9, No.6, pp.915-923, 2012.

    17. K.T. Miura, R. Shirahata, S. Agari, S. Usuki, R.U. Gobithaasan, Variational Formulation of the Log-Aesthetic Surface and Development of Discrete Surface Filters, Computer-Aided Design & Applications, Vol. 9, No.6, pp.901-914, 2012.

    18. S. Usuki, H. Kanaka and K. T. Miura, Generation and Control of Wide-Field Three-Dimensional Structured Illumination for Advanced Microscopic Imaging, Key Engineering Materials, Vol. 516, pp.640-644, 2012.

    19. R. Kudo, S. Usuki, S. Takahashi and K. Takamasu, Influence of standing wave phase error on super-resolution optical inspection for periodic microstructures, Measurement Science and Technology, Vol.23, No.5, 054007, 2012.

    20. Y. Kawauchi, S. Usuki, K.T. Miura, H. Masuda and I. Tanaka, An Integrated Processing Method for Multiple Large-scale Point-Clouds Captured from Different Viewpoints, Computer-Aided Design & Applications, Vol. 8, No.4, pp.519-530, 2011.

    21. S.Takahashi, R. Kudo, S. Usuki, K. Takamasu, Super resolution optical measurements of nanodefects on Si wafer surface using infrared standing evanescent wave, CIRP Annals Manufacturing Technology, Vol.60, No.1, pp.523-526, 2011.

    22. S. Usuki, K. T. Miura, High-Resolution Tolerance Against Noise Imaging Technique Based on Active Shift of Optical Axis, International Journal of Automation Technology, Vol.5, No.2, pp.206-211, 2011.

    23. R. Kudo, S. Usuki, S. Takahashi, K. Takamasu, Simulation-Based Analysis of Influence of Error on Super-Resolution Optical Inspection, International Journal of Automation Technology, Vol.5, No.2, pp.167-172, 2011.

    24. S. Usuki, H. Nishioka, S. Takahashi, K. Takamasu, Experimental verification of super-resolution optical inspection for semiconductor defect by using standing wave illumination shift, The International Journal of Advanced Manufacturing Technology, Vol.46, No.9, pp.863-875, 2010.

    25. S.Takahashi, S.Minamiguchi, T.Nakao, S.Usuki, K.Takamasu, Study on residual resist layer thickness measurement for Nanoimprint Lithography based on near-field optics, International Journal of Surface Science and Engineering, Vol.3, No.3, pp.178-194, 2009.

    26. 高橋哲, 臼杵深, 高増潔, 定在エバネッセント波照明による超解像イメージング, 光学, Vol.38, No.7, pp.364-372, 2009.

    27. 臼杵深, 西岡宏晃, 高橋哲, 高増潔, 変調照明シフトによる超精密加工表面の超解像光学式欠陥計測に関する研究(第1報)−解像特性の理論的検討−, 精密工学会誌, Vol.74, No.5, pp.498-503, 2008.

    28. 臼杵深, 西岡宏晃, 高橋哲, 高増潔, 変調照明シフトによる超精密加工表面の超解像光学式欠陥計測に関する研究(第2報)−定在波照明シフト実験による解像原理の実験的検討−, 精密工学会誌, Vol.74, No.6, pp.581-586, 2008.

    29. S. Takahashi, S. Okada, H. Nishioka, S. Usuki, K. Takamasu, Analysis of Lateral Resolution Improvement for Fluorescence Microscopy Using Standing Evanescent Light, Measurement Science and Technology, Vol.19, No.8, 084006, 2008.

    30. 臼杵深, 侯冰, 清澤圭太朗, 江並和宏, 平木雅彦, 高橋哲, 高増潔, 大園成夫:リングビームを用いた三次元変位測定法(第2報)−リングイメージの楕円近似による非線形性の改善−, 精密工学会誌, Vol.72, No.1, pp.132-136, 2006.

    31. S. Usuki, K. Enami, M. Hiraki, S. Takahashi, K. Takamasu, Theoretical Analysis and Basic Experiments for the 3D Displacement Measurement Using Ring-Shaped Laser Beam, Key Engineering Materials, Vols.295-296, pp.295-300, 2005.

    32. 江並和宏, 臼杵深, 平木雅彦, 高増潔, 大園成夫, リングビームを用いた三次元変位測定法(第1報)−理論解析と基礎実験−, 精密工学会誌, Vol.69, No.12, pp.1764-1768, 2003.

    国際会議

    1. Shin Usuki, Katsuaki Tamaki, and Kenjiro T. Miura, ow-coherence Interference Wide-field Optical Microscopy with Improved Axial Measurement Range, The 13th International Symposium on Measurement Technology and Intelligent Instruments (ISMTII) 2017, Xi'an, 2017.

    2. (Invited Talk) Shin Usuki, Yoshitake Tani and Kenjiro T. Miura, Light Field Microscopy Combined with Super-resolution Techniques, JSAP-OSA Joint Symposia in the 78th JSAP Autumn Meeting 2017, Fukuoka, 2017.

    3. Sho Suzuki, Shoichiro Taniguchi, Shin Usuki and Kenjiro Miura, Development of a Parametric Design System for Early Stage Automobile Exterior Design, Asian Conference on Design and Digital Engineering 2017 (ACDDE2017), Zhangjiajie, Aug.24-27 2017.

    4. Kenjiro Miura, Sho Suzuki, R.U. Gobithaasan and Shin Usuki, A New Formulation of the Log-aesthetic Space Curve based on Similarity Geometry, Asian Conference on Design and Digital Engineering 2017 (ACDDE2017), Zhangjiajie, Aug.24-27 2017.

    5. Sho Suzuki, R.U. Gobithaasan, Shin Usuki, Kenjiro T. Miura, A New Formulation Of The Minimum Variation Log-aesthetic Surface For Scale-invariance And Parameterization-independence, the 2017 International CAD Conference and Exhibition, Okayama, Aug.10-12 2017.

    6. Kenjiro T. Miura, Sho Suzuki, Gobithaasan R.U., Shin Usuki, Jun-ichi Inoguchi, Masayuki Sato, Kenji Kajiwara, Yasuhiro Shimizu, Fairness Metric Of Plane Curves Defined With Similarity Geometry Invariants, the 2017 International CAD Conference and Exhibition, Okayama, Aug.10-12 2017.

    7. Yoshitake Tani, Shin Usuki and Kenjiro T. Miura, Improving spatial resolution of the light field microscope with Fourier ptychography, SPIE Optics + Photonics 2017, San Diego, Aug.6-10 2017.

    8. Evan H. E. Putranto, Tomohiro Suzuki, Shin Usuki and Kenjiro T. Miura, Forming spatial resolution of intermediate level Microscopy images for continuous zooming transition on multi-resolution processing system, SPIE Optics + Photonics 2017, San Diego, Aug.6-10 2017.

    9. Takeshi Terao, Tomohiro Takada, Shin Usuki and Kenjiro T. Miura, Low-coherence interference structured illuminationmicroscopy with a fringe measurement system, 16th International Conference on Precision Engineering, Hamamatsu, Nov.14-16 2016.

    10. Sho Suzuki, R.U.Gobithaasan, Peter Salvi, Shin Usuki and Kenjiro T. Miura, Minimum Variation Log-aesthetic Surface, Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE) 2016, Jeju, Oct.25-28 2016.

    11. Kenjiro T. Miura, Sho Suzuki, R.U. Gobithaasan, Peter Salvi, Shin Usuki, Log-aesthetic Flow Governed by Heat Conduction Equations, the 2016 International CAD Conference and Exhibition, Vancouver, Jun.27-29 2016.

    12. Tomohiro Suzuki, Shin Usuki, and Kenjiro Miura, Multi-resolution microscope image processing system using feature points and edge information, Image Processing: Machine Vision Applications IX, Electronic Imaging 2016, San Francisco, 2016.

    13. (Invited Talk) S.Usuki, Y. Ohashi, K. T. Miura, 3D measurement using light field microscopy with improved resolution, Workshop on microscopy, biology, medicine, and advanced CMOS imagers, Information Sensing Technologies, Hamamatsu, 2015.

    14. Sho Suzuki, Shin Usuki, Kenjiro Miura and R.U. Gobithaasan, Generation of the Log-aesthetic Curve and Surface with Variational Principle, Asian Conference on Design and Digital Engineering (ACDDE2015), Kitakyushu, 2015.

    15. Kenjiro T. Miura, R.U. Gobithaasan, Sho Suzuki, Shin Usuki, Reformulation of Generalized Log-aesthetic Curves with Bernoulli Equations, the 2015 International CAD Conference and Exhibition, London, 2015.

    16. Shin Usuki, Precision measurement and inspection based on computational imaging, Workshop of Shizuoka University and National Central University, Taoyuan, 2015.

    17. Shin Usuki, Tomohiro Takada and Kenjiro T. Miura, Resolution-improved Optical Imaging by Low-coherence Interference Illumination, Proceedings of The 16th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium, NM2_5_1-NM2_5_5, Hamamatsu, 2014.

    18. Tomohiro Takada, Shin Usuki and Kenjiro T. Miura, Optical Microscopy with Improved Resolution using Two-Beam Interference of Low-Coherence Light, Proceedings of 11th IMEKO Symposium LMPMI2014, Tsukuba, 2014.

    19. Kenjiro T. Miura, R.U. Gobithaasan, Shin Usuki, The Polar-aesthetic Curve and Its Applications to Scissors Design, Presentation at the 2014 International CAD Conference and Exhibition , Hong Kong, 2014.

    20. Tomohiro Takada, Shin Usuki and Kenjiro Miura, Improvement in Standing Wave Contrast of Structured Illumination Microscopy, 16th International Conference on Humans and Computers, Hamamatsu, 2013.

    21. S. Usuki, High-speed 3D measurement and reconstruction of micro machining tool by light field microscopy, Shizuoka University Interdisciplinary Domain Research International Symposium 2013, Shizuoka, 2013.

    22. Masaru Uno, Shin Usuki, Kenjiro T. Miura, 3D measurement and reconstruction using microscopic depth images, The 5th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology, Taipei, 2013.

    23. Dai Shibuya, Kenjiro Miura, Shin Usuki, Robot Trajectory Generation with Smoothly Changing Curvature Using the Clothoid Spline, 2013 Asian Conference on Design and Digital Engineering, Seoul, 2013.

    24. Kenjiro T. Miura, Dai Shibuya, R.U. Gobithaasan, Shin Usuki, Designing Log-aesthetic Splines with G2 Continuity, the 2013 International CAD Conference and Exhibition, Bergamo, 2013.

    25. Shin Usuki, Masaru Uno and Kenjiro Miura, A Three Dimensional Microscopic Measurement for Nano-Micro Geometric Modeling, 15th International Conference on Humans and Computers, Hamamatsu, 2013.

    26. Yojiro Mandachi, Shin Usuki and Kenjiro Miura, Flame Velocity Calculation Using Implicit Surfaces Defined by Radial Basis Functions, 15th International Conference on Humans and Computers, Hamamatsu, 2013.

    27. Yojiro Mandachi, Shin Usuki, Kenjiro T. Miura, Miki Yumoto, Minoru Iida, Velocity Calculation of 2D Geometric Objects by Use of Surface Interpolation in 3D, 2012 Asian Conference on Design and Digital Engineering, Niseko, 2012.

    28. S. Usuki and K. T. Miura, Nano-Micro Geometric Modeling Using Microscopic Image, 14th International Conference on Precision Engineering, Awaji, 2012.

    29. S. Usuki, M. Uno, K. T. Miura, Resolution-improved digital refocusing microscope for microstructure measurement, Proceedings of the 12th euspen International Conference, pp.280-283, Stockholm, 2012.

    30. C.N. Tang, D. Uzuyama, K.T. Miura, S. Usuki and M. Kikuta, A Grain Generation Method for Large Die Data Using the Out-of-Core Method, the 2012 International CAD Conference and Exhibition, Niagara Falls, 2012.

    31. K.T. Miura, R. Shirahata, S. Agari, S. Usuki, R.U. Gobithaasan, Variational Formulation of the Log-Aesthetic Surface and Development of Discrete Surface Filters, the 2012 International CAD Conference and Exhibition, Niagara Falls, 2012.

    32. Kenjiro T. Miura, Shin Usuki, Gobithaasan R.U., A Generalized Log Aesthetic Space Curve, Proceedings of 14th International Conference on Humans and Computers, pp.145-149, Hamamatsu, 2012.

    33. (Invited Paper) S.Usuki, Advanced Microscopic Imaging by Spatial Control of Light and Multi-Image Reconstruction, Proceedings of International Symposium on Ultraprecision Engineering and Nanotechnology 2012, pp.31-36, Tokyo, 2012.

    34. (Invited Talk) S.Usuki, K. T. Miura, Microscopic Imaging for Geometric Modeling, Young Researcher Symposium on 4th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology, Hong Kong, 2011.

    35. S. Usuki, H. Kanaka, K. T. Miura, Generation and Control of Wide Field Three Dimensional Structured Illumination for Advanced Microscopic Imaging, 4th International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology, Hong Kong, 2011.

    36. Y. Kawauchi, S. Usuki, K.T. Miura, H. Masuda and I. Tanaka, An Integrated Processing Method for Multiple Large-scale Point-Clouds Captured from Different Viewpoints, the 2011 International CAD Conference and Exhibition, Taipei, 2011

    37. (Invited Paper) S.Usuki, Resolution Improvement of Optical Imaging by Spatial Control of Light and Multi-Image Reconstruction, Proceedings of International Symposium on Ultraprecision Engineering and Nanotechnology 2011, pp.29-33, Tokyo, 2011.

    38. (Invited Paper) S. Usuki, R. Kudo, S. Takahashi, K. Takamasu, Multiple image reconstruction for high-resolution optical imaging using structured illumination , Proceedings of SPIE, Vol.7800, 78000I, San Diego, 2010.

    39. S. Usuki, K. T. Miura, High-Resolution Imaging Technique Based on Active Shift of Optical Axis, 10th International Symposium on Measurement and Quality Control, C1-094, pp.1-4, Osaka, 2010.

    40. R. Kudo, S. Usuki, S. Takahashi, K. Takamasu, Resolution Characteristics of Super-Resolution Optical Inspection Using Standing Wave Illumination, 10th International Symposium on Measurement and Quality Control, B3-194, pp.1-4, Osaka, 2010.

    41. S. Usuki, Resolution Improvement of Optical Imaging Using Multiple Images Reconstruction, Joint Symposium for Nano Oriented Mechanical Engineering and its Applications to Optical Memory, Seoul, 2010.

    42. S. Usuki, R. Kudo, S. Takahashi, K. Takamasu, High-Resolution Optical Imaging Technique Based on Active Control of Spatial Distribution of Structured Illumination, The 12th International Conference on Humans and Computers, pp.112-117, Hamamatsu, 2009.

    43. R. Kudo, S. Usuki, S. Takahashi, K. Takamasu, Algorithm for 2-Dimensional Super-Resolution Optical Inspection for Semiconductor Defects by Using Standing Wave Illumination, International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology 2009, Kitakyusyu, 2009.

    44. S. Usuki, R. Kudo, S. Takahashi, K. Takamasu, Resolving Power Improvement for Optical Nano-Defect Measurement by using Sub-Pixel Sampling based on Structured Illumination Shift Method, International Conference of Asian Society for Precision Engineering and Nanotechnology 2009, Kitakyusyu, 2009.

    45. R. Kudo, S. Usuki, S. Takahashi, K. Takamasu, Fundamental Verification for 2-Dimentional Super-Resolution Optical Inspection for Semiconductor Defects by Using Standing Wave Illumination Shift, 19th IMEKO World Congress, pp.106-111, Lisbon, 2009.

    46. S. Takahashi, R. Kudo, S. Okada, S. Usuki, K. Takamasu, Experimental verification of super-resolution microscopy using standing evanescent light with image retrieval, 9th International Conference of the European Society for Precision Engineering and Nanotechnology, pp.171-174, San Sebastian, 2009.

    47. S. Usuki, H. Nishioka, S. Takahashi, K. Takamasu, Experimental Verification for Super-resolution Optical Inspection for Semiconductor Defect by using Standing Wave Illumination Shift, Proceedings of ISMTII2007, pp.387-390, Sendai, 2007.

    48. S. Takahashi, S. Okada, H. Nishioka, S. Usuki, K. Takamasu, Analysis of Lateral Resolution Improvement for Fluorescence Microscopy using Standing Evanescent Light, Proceedings of ISMTII2007, pp.45-48, Sendai, 2007.

    49. S. Usuki, H. Nishioka, S. Takahashi, K. Takamasu, Development of Super-resolution optical inspection system for semiconductor defects using standing wave shift, Proceedings of SPIE, pp.637508-1〜637508-9, Boston, 2006.

    50. S. Usuki, H. Nishioka, S. Takahashi, K. Takamasu, Super-resolution optical inspection for semiconductor defects using standing wave shift, Proceedings of SPIE, pp.60490C-1〜60490C-11, Sapporo, 2005.

    51. S. Usuki, T. Nakao, S. Takahashi, K. Takamasu, Computer Simulation of Nano-Void Inspection in Low-k Dielectric Materials Using Near-Field Optics, 5th International conference of the european society for precision engineering and nanotechnology, pp.85-88, Montpellier, 2005.

    52. S. Usuki, K. Enami, O. Sato, S. Takahashi, K. Takamasu, Improving the Accuracy of 3D Displacement Measurement using Ring-Shaped Laser Beam and High Resolution CCD, 4th International Conference of the European Society for Precision Engineering and Nanotechnology, pp.328-329, Glasgow, 2004.

    53. S. Usuki, K. Enami, M. Hiraki, S. Takahashi, K. Takamasu, Theoretical Analysis and Basic Experiments for the 3D Displacement Measurement Using Ring-Shaped Laser, Proceedings of ISMTII2003, 64, Hong Kong, 2003.

    国内会議

    1. 三浦憲二郎, 鈴木晶, 臼杵深, σ曲線 -単調性v.s.対称性-, 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 大阪大学, 2017.

    2. 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, 対数型美的曲線を用いたスイープ曲面に関する研究( 第1 報)-曲面の分類と2 本の曲線からなるスイープ面の曲率-, 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 大阪大学, 2017.

    3. 中村優人, 鈴木晶, 臼杵深, 北澤弘幸, 三浦憲二郎, 人工関節表層メッシュ構造の生成 -幾何形状の回転対称性を利用したABF法の改良-, 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, 大阪大学, 2017.

    4. 三浦憲二郎,鈴木結晶,臼杵深,R.U. Gobithaasan, 井ノ口順一,佐藤雅之, 梶原健司,清水保弘, 相似幾何不変量による平面曲線のFairness測度, 日本応用数理学会2017年度年会, 武蔵野大学, 2017.

    5. 三浦憲二郎,鈴木結晶,臼杵深,R.U. Gobithaasan, 井ノ口順一,佐藤雅之, 梶原健司,清水保弘, 相似幾何不変量による平面曲線のFairness測度, 日本応用数理学会2017年度年会, 武蔵野大学, 2017.

    6. 中村 優人, 鈴木 晶, 臼杵 深, 北澤 弘幸, 三浦 憲二郎, 人工関節表層メッシュ構造の生成-幾何形状の回転対称性を利用したABF法の改良-, グラフィックスとCAD/Visual Computing合同シンポジウム2017, 一橋大学, 2017.

    7. 鈴木 晶, 谷口 翔一郎, 臼杵 深, 三浦 憲二郎, 自動車外装設計のためのパラメトリックデザインシステムの開発, グラフィックスとCAD/Visual Computing合同シンポジウム2017, 一橋大学, 2017.

    8. 宮崎泰樹,平野貴史,小林嵩明,今井良洋,臼杵深,小林祐一,寺林賢司,三浦憲二郎, 地勢データベースを用いた飛行ロボットによる被災状況の把握, Robomec2017, ビッグパレットふくしま, 2017.

    9. 臼杵深, 玉木克明, 三浦憲二郎, 測定範囲を拡張したOCT顕微鏡による反射面の立体形状計測, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.277-278, 慶応大学, 2017.

    10. 三浦憲二郎,鈴木晶, 臼杵深, R.U. Gobithaasan, 対数型美的曲線の手書き描画法について, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.621-622, 慶応大学, 2017.

    11. (招待講演)臼杵深, ライトフィールド顕微鏡 -超解像技術との組み合わせと応用-, 第11回NIBBバイオイメージングフォーラム, 自然科学研究機構 岡崎カンファレンスセンター, Feb.14-15 2017.

    12. 三浦憲二郎,鈴木晶, 臼杵深, R.U. Gobithaasan, 相似幾何に基づ対数型美的空間曲線の定式化, 2016年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.507-508, 茨城大学, 2016.

    13. 鈴木理仁, 鈴木晶, 三浦憲二郎, 小林祐一, 臼杵深, モーションキャプチャデータの美的曲線近似による動作の評価, 2016年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.501-502, 茨城大学, 2016.

    14. 鈴木晶,R.U. Gobithaasan, Peter Salvi, 臼杵深,三浦憲二郎, 対数型美的曲線を用いたパラメトリックデザイン, グラフィックスとCAD/Visual Computing合同シンポジウム2016予稿集, 早稲田大学, 2016.

    15. 小林嵩明、宮崎泰樹、臼杵深、小林祐一、寺林賢司、三浦憲二郎, 被災状況の効率的な把握のための大規模地勢データの多重解像度化, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, パシフィコ横浜, 2016.

    16. 劉波, 三浦憲二郎, 臼杵深, 2次元頂点ラベル付けにより細分割された4 角形メッシュによる構造解析, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.203-204, 東京理科大学, 2016.

    17. 三浦憲二郎, 鈴木晶, 臼杵深, R.U. Gobithaasan, 対数型美的曲線に関する研究-LA流れと熱伝導方程式,相似幾何による空間曲線の定式化,LCGの傾き-, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.811-812, 東京理科大学, 2016.

    18. 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, Salvi Peter, 変分原理に基づく対数型美的曲面の生成 -等パラメトリック曲線の対数型美的曲線化-, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.809-810, 東京理科大学, 2016.

    19. 寺尾健, 高田智裕, 臼杵深, 三浦憲二郎, 位相フィードバック機能を有する低コヒーレンス干渉型変調照明顕微法, 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.107-108, 東北大学, 2015.

    20. 山本哲也, 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, 対数型美的曲面フィッティングによる船舶幾何モデルの生成, 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.689-690, 東北大学, 2015.

    21. 三浦憲二郎, 鈴木晶, 臼杵深, R.U. Gobithaasan, 対数型美的流れ, 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.695-696, 東北大学, 2015.

    22. 鈴木晶,山本哲也, 臼杵深,三浦憲二郎, リバースエンジニアリングに基づく対数型美的曲線・曲面の生成, グラフィックスとCAD/Visual Computing合同シンポジウム2015予稿集, 姫路市市民会館, 2015.

    23. (招待講演)臼杵深, ライトフィールド顕微鏡によるイメージング, 光学系設計技術部会&デジタル・イメージング技術部会の合同講演会, 機械振興会館, 2015.

    24. 荒浪太一,鈴木晶, 臼杵深,三浦憲二郎, モーションキャプチャデータに基づく動きの評価, 2015年度サービス学会 第3回 国内大会, 金沢, 2015.

    25. (招待講演)臼杵深, ライトフィールド顕微鏡の計測への応用, 2015年度精密工学会春季大会シンポジウム「ライトフィールドイメージングの原理と応用」シンポジウム資料集, pp.28-31 東洋大学, 2015.

    26. 鈴木朋大, 臼杵深, 三浦憲二郎, 顕微計測における多重解像度モデル生成に関する研究-エッジ情報に基づいた解像度の異なる画像間合成-, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.509-510, 東洋大学, 2015.

    27. 荒浪太一, 鈴木晶, 三浦憲二郎, 小林祐一, 臼杵深, モーションキャプチャデータに基づく動きの評価, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.460-461, 東洋大学, 2015.

    28. 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, エネルギ最小化による自由曲線の美的化, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.457-458, 東洋大学, 2015.

    29. 三浦憲二郎, R.U.Gobithaasan, 鈴木晶, 臼杵深, Bernoulli方程式による一般化対数型美的曲線の導出, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.455-456, 東洋大学, 2015.

    30. 増田健二, 寺尾健, 臼杵深, 三浦憲二郎, レーザ回折投影法によるタッチパネル透明電極のパターン解析, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.185-186, 東洋大学, 2015.

    31. 小出石達樹, 臼杵深, 三浦憲二郎, Focus Variationによる高アスペクト比形状の非接触計測に関する研究, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.159-160, 東洋大学, 2015.

    32. 大橋佑紀, 臼杵深, 三浦憲二郎, 2種類の画素ずらしを用いたライトフィールド顕微鏡の性能向上, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.115-116, 東洋大学, 2015.

    33. 粟井光一郎, 臼杵深, 太田啓之, デコンボリューションイメージングによる光合成微生物の脂質局在, 第27回植物脂質シンポジウム, 静岡市産学交流センター, 2014.

    34. 宮地諒治, 臼杵深, 三浦憲二郎, ABF++を用いた幾何シボデジタルデータ生成法と3Dプリンタによるシボの評価, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.527-528, 鳥取大学, 2014.

    35. 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, リバースエンジニアリングのための対数型美的曲線・曲面フィッティング, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.521-522, 鳥取大学, 2014.

    36. 三浦憲二郎, 鈴木晶, 臼杵深, 対数型美的曲線の汎関数のスケール不変化とα値の推定, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.517-518, 鳥取大学, 2014.

    37. 鈴木朋大, 臼杵深, 三浦憲二郎, Modeling Nanoの実現に向けた多重解像度モデル生成処理システム , 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.377-378, 鳥取大学, 2014.

    38. 神尾保徳, 臼杵深, 三浦憲二郎, 振動補正を援用する油膜速度の算出, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.157-158, 鳥取大学, 2014.

    39. 臼杵深, 宇野大, 静弘生, 三浦憲二郎, ライトフィールド顕微鏡を用いたマイクロ工具の三次元計測とモデル化, 2014年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集, pp.52-55, 岩手大学, 2014.

    40. 増田健二, 寺尾健, 臼杵深, 三浦憲二郎, レーザ回折投影法によるタッチパネル透明電極のパターン解析, 2014年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集, pp.48-51, 岩手大学, 2014.

    41. 臼杵深, 生産現場で低コスト・高速・高分解能計測を可能にする!〜低コヒーレンス干渉を利用した高分解能な工業用顕微鏡の開発〜, 静岡大学共同研究希望テーマ説明会, アクトシティ浜松研修交流センター, 2014

    42. 鈴木朋大, 臼杵深, 三浦憲二郎, 顕微鏡計測データに対する多重解像度モデル生成処理システムの構築, グラフィックスとCAD/Visual Computing合同シンポジウム2014予稿集, 早稲田大学, 2014.

    43. 臼杵深, 低コヒーレンス干渉を利用した高分解能な工業用顕微鏡の開発, 第7回超領域研究会, 静岡大学, 2014.

    44. 臼杵深, 高田智裕, 三浦憲二郎, 低コヒーレンス光の二光束干渉を利用した光学顕微鏡の高分解能化, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.69-70, 東京大学, 2014.

    45. 増田健二, 高田智裕, 臼杵深, 三浦憲二郎, 青野貴彦, 石塚貴義, 石川将仁, 自動車ランプ用レンズの表面微細構造による回折光の計測, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.15-16, 東京大学, 2014.

    46. 澁谷大, 臼杵深, 三浦憲二郎, Frenet-Serret式の一般解の導出, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1121-1122, 東京大学, 2014.

    47. 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, 変分原理に基づく対数型美的曲線・曲面の生成, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1119-1120, 東京大学, 2014.

    48. 三浦憲二郎, 鈴木晶, 臼杵深, 離散積分曲線の生成法, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1117-1118, 東京大学, 2014.

    49. 萬立洋次郎, 臼杵深, 三浦憲二郎, 光学顕微鏡を用いた高速三次元計測のためのロバストなデフォーカス量推定, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.69-70, 関西大学, 2013.

    50. 三浦憲二郎, 臼杵深, 極座標型美的曲線, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.819-820, 関西大学, 2013.

    51. 萬立洋次郎, 臼杵深, 三浦憲二郎, 顕微鏡動画像における合焦位置推定をもちいたマイクロ形状計測, 2013年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集, pp.175-178, 日本大学, 2013.

    52. 増田健二, 高田智裕, 臼杵深, 三浦憲二郎, 青野貴彦, 石塚貴義, 石川将仁, 回折法によるレンズ表面微細形状の3次元計測, 2013年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集, pp.179-184, 日本大学, 2013.

    53. 宇野大, 藤川正太郎, 臼杵深, 三浦憲二郎, 光学顕微鏡による高解像度距離画像の取得とマイクロ形状再構築への応用, Visual Computing/グラフィックスとCAD合同シンポジウム2013予稿集, リンクステーションホール青森, 2013.

    54. 萬立洋次郎, 臼杵深, 三浦憲二郎, 顕微鏡動画像からのマイクロ形状再構成-観察面の光軸方向への移動推定方法の提案-, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.873-874, 東京工業大学, 2013.

    55. 澁谷大, 三浦憲二郎, 臼杵深, 対数型美的曲線の形状算出法の比較, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.563-564, 東京工業大学, 2013.

    56. 三浦憲二郎, 澁谷大, 臼杵深, 対数型美的平面曲線を用いた曲率を連続とする内挿法, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.561-562, 東京工業大学, 2013.

    57. 宇野大, 臼杵深, 三浦憲二郎, 顕微鏡距離画像によるマイクロ形状計測に関する研究-回転工具刃先の高速三次元再構成方法の提案-, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.903-904, 東京工業大学, 2013.

    58. 臼杵深, 萬立洋次郎, 三浦憲二郎, 顕微鏡動画像の広域合焦位置推定による三次元形状再構成, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.287-288, 九州工業大学, 2012.

    59. 三浦憲二郎, 澁谷大, 臼杵深, 対数型美的平面曲線のオフセット, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.543-544, 九州工業大学, 2012.

    60. 臼杵深, 宇野大, 三浦憲二郎, 高解像度デジタルリフォーカス顕微鏡による三次元計測, 2012年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集, pp.243-244, 同志社大学, 2012.

    61. 磯部秀光, 萬立洋次郎, 臼杵深, 三浦憲二郎, 顕微鏡動画像からの広域合焦点画像の生成, Visual Computing/グラフィックスとCAD合同シンポジウム2012予稿集, 早稲田大学, 2012.

    62. 臼杵深, 多光束レーザー干渉の応用:三次元変調照明顕微法, 日本分光学会中部支部講演会, 静岡大学, 2012.

    63. 三浦憲二郎, 臼杵深, 変分原理に基づく対数型美的曲線の定式化, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.867-868, 首都大学東京, 2012.

    64. 臼杵深, 宇野大, 河内陽介, 三浦憲二郎, 光学顕微画像を用いた形状モデリング-高解像度デジタルリフォーカスによる3次元データ抽出-, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.539-540, 首都大学東京, 2012.

    65. 工藤良太, 高橋哲, 高増潔, 臼杵深, 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第14報)-コヒーレント結像逐次再構成型超解像法-, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.493-494, 首都大学東京, 2012.

    66. 河内陽介, 臼杵深, 三浦憲二郎, 合焦点推定による光学顕微鏡計測データの三次元再構成, 第146回グラフィクスとCAD研究発表会, 東京大学, 2012.

    67. 宇野大, 臼杵深, 三浦憲二郎, マイクロ形状検査のための高解像度デジタルリフォーカス顕微観察(結像光路制御とマイクロレンズアレイを用いた超解像・超被写界深度化の提案), 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.896-897, 2011.

    68. 三浦憲二郎, 上利真一, 臼杵深, 対数型美的曲線の官能評価試験, 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.269-270, 2011.

    69. 加仲啓祥, 臼杵深, 三浦憲二郎, ModelingNanoのための3次元光学顕微計測に関する研究(多光束干渉を利用した広範囲3次元変調照明生成・制御装置の開発), 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.135-136, 2011.

    70. 三浦憲二郎, 河内陽介, 臼杵深, 3D顕微計測データを用いたナノ・マイクロ形状モデリング:ModelingNano, 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.133-134, 2011.

    71. 三浦憲二郎, 臼杵深, ModelingNanoのための先端的顕微イメージング, 第3回静岡大学−浜松医科大学研究交流会, 2011.

    72. 臼杵深, 複数画像再構成による先端的顕微イメージングとその応用, 第4回浜松ホトニクス中央研究所との研究交流会, 2011.

    73. 三浦 憲二郎, 白幡良, 上利真一, 臼杵深, 離散的対数型美的曲面フィルタの開発とそのリバースエンジニアリングへの応用, グラフィックスとCAD/Visual Computing合同シンポジウム2011予稿集, 2011 .

    74. 三浦憲二郎, 臼杵深, 対数型美的曲線の見え方への透視投影の影響, 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.661-662, 2011.

    75. 加仲啓祥, 宇野大, 臼杵深, 三浦憲二郎, ナノ・マイクロ形状モデリングのための3次元顕微計測に関する研究(3次元空間分布変調照明による顕微計測), 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.699-700, 2011.

    76. 三浦憲二郎, 臼杵深, 山下淳, 増田宏, 3D顕微計測データを用いたナノ・マイクロ形状モデリング(ModelingNanoプロジェクトの提案), 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.701-702, 2011.

    77. 藤井大雄, 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第12報)任意位相変調を実現する顕微観察装置の開発, 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.831-832, 2011.

    78. 見崎翔, 臼杵深, 三浦憲二郎, GPUを用いた動画像のリアルタイムぶれ補正, 第142回グラフィクスとCAD研究発表会, 2011.

    79. 白幡良, 上利真一, 臼杵深, 三浦憲二郎, 離散的対数型美的曲面フィルタに関する研究, 画像電子学会ビジュアルコンピューティングワークショップ2010, 2010.

    80. 臼杵深, 三浦憲二郎, サブピクセル光軸変位を用いた解像度向上に関する研究, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.527-528, 2010.

    81. 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, 定在波シフトによる超解像光学式欠陥計測に関する研究(第10報)測定速度を考慮したパラメータ最適化の検討, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.531-532, 2010.

    82. 藤井大雄, 工藤良太, 臼杵深, 高村智彦, 高橋哲, 高増潔, 定在波シフトによる超解像光学式欠陥計測に関する研究(第11報)位相変調合成を用いた画像取得手法の検討, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.525-526, 2010.

    83. 河内陽介, 臼杵深, 三浦憲二郎, 増田宏, 田中一郎, 複数視点に対する大規模点群データの統合処理, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.71-72, 2010.

    84. 神谷佳祐, 臼杵深, 三浦憲二郎, 凧デザインシステムの開発, 第9回情報科学技術フォーラム, C-015, 2010.

    85. 臼杵深, 空間強度分布変調照明による高解像イメージング, 静岡大学イノベーション共同研究センター第3回研究・開発成果発表会, 2010.

    86. 高橋哲,臼杵深, 高増潔, 変調エバネッセント波照明による面内分解能向上法, 第57回応用物理学関係連合講演会, p239, 2010.

    87. 工藤良太, 高橋哲, 高増潔, 臼杵深, 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第9報)−誤差を考慮した解像特性の検討−, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.383-384, 2010.

    88. 臼杵深, 照明光の空間分布制御による高解像力顕微観察手法の開発, 計測自動制御学会中部支部静岡地区講演会, 2009.

    89. 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, 変調照明シフトによる微細加工構造の超解像光学式計測法に関する研究, 2009年度機械学会年次大会講演論文集, pp.271-272, 2009.

    90. 杉本竜一, 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, エバネッセント光を用いた界面近傍情報の三次元高分解能計測に関する研究−変調エバネッセント照明による高さ情報計測法の理論的検討−, 2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.675-676, 2009.

    91. 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第7報)−2次元超解像装置の基本機能検証−, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.463-464, 2009.

    92. 臼杵深, 工藤良太, 高橋哲, 高増潔, 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第8報)−CCDピクセルサイズと解像力の関係−, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.465-466, 2009.

    93. 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第6報), 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.275-276, 2008.

    94. 長尾天平, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, 近接場光を用いたナノインプリント残膜測定法に関する研究(第4報), 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.253-254, 2008.

    95. 臼杵深, 岡田真一, 高橋哲, 高増潔, 定在エバネッセント光を用いた超解像顕微法に関する研究(第5報), 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.257-258, 2008.

    96. 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔, 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第5報)−定在波照明の2方向シフトを用いた2次元超解像特性の検討−, 2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.459-460, 2008.

    97. 南口修一, 臼杵深, 中尾敏之, 高橋哲, 高増潔: 近接場光を用いたナノインプリント残膜測定法に関する研究(第3報)―偏光特性を利用した残膜厚計測―, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.697-698, 2007.

    98. 高橋哲, 南口修一, 中尾敏之, 臼杵深, 高増潔: 近接場光を用いたナノインプリント残膜測定法に関する研究(第2報)―残膜厚計測メカニズムの検討―, 2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.301-302, 2007.

    99. 岡田真一, 西岡宏晃, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔: 定在エバネッセント光を用いた超解像顕微法に関する研究(第3報)―解像特性の理論的検討―, 2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.351-352, 2007.

    100. 工藤良太, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔: 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第4報)―ライン&スペースパターンを用いた解像特性および欠陥検出特性の検討―, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.695-696, 2007.

    101. 岡田真一, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔: 定在エバネッセント光を用いた超解像顕微法に関する研究(第4報)―定在波シフトによる変調散乱光検出実験―, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.693-694, 芝浦工業大学, 2007.

    102. 臼杵深, 西岡宏晃, 高橋哲, 高増潔: 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第3報)−離散的サンプルを用いた解像特性の実験的検討−, 2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.353-354, 芝浦工業大学, 2007.

    103. 高橋哲, 南口修一, 中尾敏之, 臼杵深, 高増潔: 近接場光を用いたナノインプリント残膜測定法に関する研究(第1報)―膜厚変化に対する近接場光応答特性の解析―, 2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.187-188, 宇都宮大学, 2006.

    104. 岡田真一, 西岡宏晃, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔: 定在エバネッセント光を用いた超解像顕微法に関する研究(第2報)―エバネッセント光散乱結像装置の開発―, 2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.169-170, 宇都宮大学, 2006.

    105. 臼杵深, 西岡宏晃, 高橋哲, 高増潔: 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第2報)−定在波照明シフトによる変調散乱光検出実験−, 2006年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.171-172, 宇都宮大学, 2006.

    106. 臼杵深, 影山大輔, 江並和宏, 平木雅彦, 高橋哲, 高増潔:リング状スリット光を用いた三次元変位測定(第5報)−小型・一体化装置の開発−, 2006年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1051-1052, 東京理科大学, 2006.

    107. 臼杵深, 西岡宏晃, 高橋哲, 高増潔: 定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第1報)−欠陥検出特性の検討−, 2006年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1170-1171, 東京理科大学, 2006.

    108. 中尾敏之, 臼杵深, 高橋哲, 高増潔:近接場光学を用いた半導体デバイスLow-k材のnano-void計測, 2005年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.489-490, 京都大学, 2005.

    109. 臼杵深, 清澤圭太郎, 侯冰, 高橋哲, 高増潔, 江並和宏, 平木雅彦:リング状スリット光を用いた三次元変位測定(第4報)−リングの楕円近似と非線形性の解析−, 2005年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.1021-1022, 慶応義塾大学, 2005.

    110. 中尾敏之, 臼杵深, 高橋哲, 三好隆志, 高谷裕浩, 高増潔:プラズモン共鳴を用いた半導体基板上異物検出法に関する研究, 2004年度砥粒加工学会学術講演会講演論文集, pp.209-210, 立命館大学, 2004.

    111. 清澤圭太朗, 臼杵深, 候冰, 高橋哲, 高増潔, 江並和宏:リング状スリット光を用いた三次元変位測定(第3 報)−精度評価および性能向上−, 2004年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp.1009-1010, 島根大学, 2004.

    112. 臼杵深, 佐藤理, 高橋哲, 高増潔, 江並和宏, 平木雅彦:リング状レーザ光を用いた物体の三次元変位測定法(第2報)−測定システムの試作とその検証−, 2003年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p373, 富山大学, 2003.

    113. 臼杵深, 江並和宏, 平木雅彦, 高増潔:リング状レーザ光を用いた物体の三次元変位測定法―基礎システムの解析―, 2003年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p455, 東京農工大学, 2003.

    114. 江並和宏, 臼杵深, 高増潔, 平木雅彦:nano-Probeシステムの開発(第10報)−nano-CMMに搭載しての測定実験−, 2002年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, M03, p540, 熊本大学, 2002.

    115. 臼杵深, 江並和宏, 高増潔, 平木雅彦:光検出システムを用いた三次元変位測定法−基礎実験とその評価−, 2002年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, N01, p585, 熊本大学, 2002.

    116. 江並和宏, 平木雅彦, 臼杵深, 高増潔:nano-Probeシステムの開発(第9報)−光学系の解析−, 2002年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, O78, p705, 東京工業大学, 2002.

    117. 江並和宏, 臼杵深, 平木雅彦, 高増潔:nano-Probeの開発(第8報)−nano-CMMへの搭載及び測定実験−, 2001年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, J33, p455, 大阪大学, 2001.

    学位論文

    1. 博士:変調照明シフトによる光学式超解像欠陥計測に関する研究, 東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻高橋研究室, 2008

    2. 修士:リング状スリット光を用いた三次元変位測定, 東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻高増研究室, 2004.

    3. 学士:nano-Probeシステムの開発−光検出機構の解析−,東京大学工学部精密機械工学科高増研究室, 2002.

    報告記事

    1. S.Usuki, Y. Ohashi, K. T. Miura, 3D measurement using light field microscopy with improved resolution, ITE Technical Report, Vol.39, No.44, pp.1-2, ISSN 1342-6893, 2015.

    2. 臼杵深, 16・8加工計測, 加工学・加工機器, 機械工学年鑑, 日本機械学会誌, Vol.118, No.1161, pp.64-66, 2015.

    3. 臼杵深, アフィリエイト協賛報告−Young researcher's meeting at LMPMI2014−, 精密工学会誌, Vol.80, No.12, pp.1079, 2014.

    4. 臼杵深, 国際会議報告ASPEN2011, 精密工学会誌, Vol.78, No.3, pp.264, 2012.

    解説記事

    1. 三浦憲二郎, 臼杵深, デジタルデータに基づくシボ加工技術とModelingNanoプロジェクト, 精密工学会誌, Vol.82, No.11, pp933-938, 2016.

    2. 臼杵深, ライトフィールド顕微鏡によるイメージングとその応用, 光技術コンタクト, Vol.53, No.12, pp4-10, 2015.

    3. 臼杵深, 変調照明シフトによる光学式超解像欠陥計測に関する研究, 解説博士論文, 精密工学会誌, Vol.79, No.10, pp.924-926, 2013.

    受賞

    1. 精密工学会論文賞,平成21年3月

    2. SPIE Best Student Paper Award,平成19年3月

    3. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞,平成18年3月

    共著者の受賞

    1. CAD'13 Overall Best Paper Award, Kenjiro T. Miura, Dai Shibuya, R.U. Gobithaasan, Shin Usuki, "Designing Log-aesthetic Splines with G2 Continuity," Computer-Aided Design & Applications, Vol.10, No.6, pp.1021-1032, 2013, DOI: 10.3722/cadaps.2013.1021-1032

    学生の受賞

    1. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞: 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, Salvi Peter, "変分原理に基づく対数型美的曲面の生成 -等パラメトリック曲線の対数型美的曲線化-," 2016年度精密工学会春季大会学術講演会, 東京理科大学, March 15-17, 2016.

    2. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞: 鈴木朋大, 臼杵深, 三浦憲二郎, "顕微計測における多重解像度モデル生成に関する研究-エッジ情報に基づいた解像度の異なる画像間合成-," 2015年度精密工学会春季大会学術講演会, 東洋大学,March 17-19, 2015.

    特許

    1. 観察システム, 臼杵深, 高田智裕, 特願2015-161758(2015年8月19日), 国際特許出願PCT/JP2016/074265(2016年8月19日)

    2. 照明装置および顕微観察装置並びに照明方法, 高橋哲, 高増潔, 工藤良太, 臼杵深, 特願2012-039261(2012年2月24日), 国際特許出願PCT/JP2013/054821(2014年12月31日), 米国特許登録9297991(2016年3月29日), イスラエル特許登録234127(2016年12月1日)

報道

  1. 三浦憲二郎, 臼杵深, CADと計測の融合, 月刊生産財マーケティング, ISSN0911-9817, Vol.54, No.4, pA-117, 2017.

  2. 製造現場での高分解能観察を可能にする構造化照明顕微鏡, 静岡新聞(2017年1月6日), 日本経済新聞(2017年1月6日), 日刊工業新聞(2017年1月10日), 日経産業新聞(2017年1月10日)


dsusuki(at)ipc(dot)shizuoka.ac.jp
Updated Feb.15 2017